体を温める

今年に入って
暖冬だといわれていた
日本列島が
寒波に襲われました。

私の住む葉山は温暖で
雪が降ることは今年は
まだないのですが
私の感覚では
3日寒くて3日暖かい
そんな感じです。

そして仕事仲間の間では
インフルエンザが
流行り始めました。
乾燥と気温の変化に
ついていかれない体が
少しバランスを崩して
ウイルス感染しやすくなっている
いるようです。

私は寒さで
肩凝りがひどくなり
体調も何となく違う感じ。

そこで、普段以上に
免疫力をあげることに
ここ1週間くらい
意識を向け始めました。

その中のひとつ。
”体を温めること”
体温を高く維持することは
万病のもとでもあります。
風邪をひくと熱が出ますが
それは体が自発的に
体温を上げて
体内にいるウイルスを
殺すためですよね。

私の肩凝りも
寒さで体を縮めたり
力が入ることで
決行が悪くなり
肩が凝るわけです。

それではどうやって
体を温めればいいのか。。。
多くの書籍やセミナーで
実際に色々な方法が
提案されていますが、
私は少ししっかり目に
歩くことを
お勧めしています。

休みの日に
少し寒くても
1時間から1時間半くらい
外を歩いてみてください。
きちんと踵から指先に向けて
足裏を地面につけて
腕を振って歩きます。
そうすると踵がポンプのように
血流をしっかり上に
上げてくれます。
徐々に血行がよくなり
体が温まるのです。

食べ物などで
体の中から温めることや
重ね着などで
体を外から温めること
とても大切です。
でも、それで体温を
高い状態に維持するのは
簡単ではありません。
その点運動は体温を
維持するには絶好です。
それは身体全体を動かすから。
筋肉が動き体温を上げ
血液が正しく流れ始めます。
また、外を歩けば
風景の変化や
四季の変化を感じることができ
脳も活性されます。

私は今日、
自宅からすぐの
ハイキングコースを
1時間半ほど歩いてきました。
雲の切れ間から
太陽が覗くこともあり
気温も高めだったので
気分良く歩きはじめ
ハイキングコースまでの
間にある小学校では
小学生のサッカーの練習を眺めたり、
仙元山散歩⑦
建築中の家を眺めたりしながら
住宅街を抜け森の入口へ。

ハイキングコースの入り口です
ハイキングコースの入り口です

アップダウンを繰り返しながら
一生懸命歩くと
汗がじわっとかくくらい
体が温まってきました。

薄っすら光がさしてきれい
薄っすら光がさしてきれい。富士山方向です。

汗で体温を下げては良くないので
羽織っていた1枚を
脱いで腰に巻き、
更に歩きました。

只今自宅について
2時間くらい。
手も足も体もまだ
ぽかぽかしています。

こういう散歩は
毎日できませんが、
体が生き生きしてくる感覚を
実感することができます。
週の初めの日曜日。
いいスタートが切れた気がします。

体を歩くことで温めること。
ご不明な点がありましたら
お問い合わせください。

価値観の違い

私が留学していた時のことです。
歯の詰め物が取れてしまい
近くの歯医者さんに行くと
調整もなく
石膏で止めるだけの作業に
80ドル(約8000円)も
とられてしまいました。
日本だったら初診料を入れたって
せいぜい2000円。
留学生用の健康保険も持っていたのに。。。
あまりの高さにショックを受けた私が
学校内のカウンセラーに話をしにいくと、
「その歯は、あなたが悪くしたのでしょう?」
といわれました。
カナダでは、矯正など
自分の不注意で悪くなった歯の治療
でなければとても安いんだそうです。
つまり虫歯などの治療は
とても高いということなのです。
この話を聞いたときは
目から鱗がおちました。
ものすごく理屈にあった考え方で
自分にすとんと落ちたのです。
30年も前の話ですが
物事に対する考え方の違いを
尊敬の念さえ覚えるような
感覚で味わったことを覚えています。

外国人の話は
価値観が違っても当たり前
と思うこともありますが、
国内でも同じだと思います。
兄弟、親でさへ
生まれ育った環境が
全く同じ人はいません。
価値観やモノの見方は
その人の経験や学びから
形成されていくのです。

私は以前、
自分が理解されていないと
落ち込んでいた時、
相手の価値観の違いに
目を向けることが
できかなったことがあります。
それは、
”自分は一生懸命やっている”
という強い思いがあったからです。
でも、その強い思いは、時には
相手にとっては迷惑であったり
邪魔なものなのです。
理由は価値観が違うから。
私は私の価値観で、
相手の価値観を壊して
自分の価値観を
押し付けようとしていたのです。
もちろん、その時は
そんな意図は毛頭ありませんでした。
でも、良く考えてみれば、
無意識の中では、
そういうことだったのです。
それに気付けるようになったのは
本当に最近。
価値観の違いを
理解できるようになると
人間関係が作り易くなり
更に色々なところで
生きやすくなります。

実は
25年以上前に一緒に
仕事をしていた仲間が
カナダから遊びに来て
週末を過ごしたのですが、
何度も価値観の違いに
驚かされました。
そして、
どうして相手が外国人だと
直ぐにそうやって相手を
別の人間であると
認めてあげられるのだろう。。。
と、思いました。
日本人と外国人という
違いを理解しているから?
いやいや、カナダにも
価値観の近い友人はいる。
これって差別?
んー、それはおかしい。。。
私たち日本人も
みんな違う。。。
日本人はみんな一緒なんて
ありえない。。。

自問自答しながら、
だんだん嬉しくなってきました。
この時期に友達が
外国から来てくれたことで
新年早々改めて
人との価値観の違いについて
考える機会を得ることができました。

この週末は
西日本から九州にかけて
大寒波が訪れていますが
関東は素晴らしいお天気に
恵まれました。
長者ヶ先海岸20160125
近くの海岸から
富士山を眺めながら、
今年もいいスタートが
切れているような気がして
希望にわくわくしてしまいました。

 

愛と希望と勇気の日

今日1月14日は
「愛と希望と勇気の日」

今朝のニュースで知りました。
1958年に南極に置き去りにされた
南極観察隊のカラフト犬、
タロとジロの生存が
確認された日だそうです。

愛、希望、勇気
普段は恥ずかしくてあまり
使わない言葉かもしれませんが、
私は仕事柄よく使いますし、
使うことが普通になっています。

なぜならそれは
誰にでも力をくれる言葉だからです。

愛は
相手に対する敬意の現れであり
希望は
誰でもが持ってよい信念であり
勇気は
自分を後押ししてくれる力です。

私は9年ほど前に
大きな問題に直面したことがあります。
自分ではどうすることもできず
苦しんでいました。
そんな時に一歩踏み出せたのは
家族の言葉からでした。

家族が”愛情”をもって
私のことを真剣に考えてくれ、
私に”希望”が生まれ、
”勇気”をもって
歩みだす事が出来たのです。

今、何か問題に直面している人、
病気で悩んでいる人、
家族や友人に心配事がある人、
改めて今日をきっかけに
愛と希望と勇気について
考えてみませんか。

前に一歩足を踏み出すことが
できるかもしれません。

 

 

ご挨拶

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
思いがけずできたこと
思う通り出来なかったこと
色々ありましたが
振り返れば
多くの方に支えられ
笑顔で年を越すことができました。

今年も多くの
がん患者さんとそのご家族と共に
笑顔をつくって
行きたいと思います。
また、
森林療法
絵本セラピー
も、継続して行ってまいります。

日々を大切に
毎日のちょっとした笑顔に気付き
身体を緩められるプロとして
多くの方をサポートできればと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。